バークレー便り

院長 山本晃輝 自己紹介はこちら

【院内セミナー】エコー(超音波)実習  by見上先生

2021/06/14(月) 院内セミナー新着情報

5月22日にエコー(超音波)実習を行いました。

毎月1~2回当院で循環器専門外来で診察をしていただいている、心臓病のエキスパート「見上先生」に講師をしていただきました。

 

 

当院では定期的にエコー実習を行っています。

それはなぜかと言うと、エコーは非常に技術のいる検査だからです。

 

超音波とは、人間の可聴音域を超えた周波数のもの(簡単に言うととても高くて聞き取れない音)で

これを体に当てて、やまびこの原理でもの(臓器など)を描出させています。

 

動物さんの体に当てる部分をプローブというのですが、

このプローブの当てる強さ、角度などで画像の見え方が大きく変わってきます。

 

1つの臓器を検査しようにも、プローブを当てる技術がないと、

臓器を見つけることすら難しいのです。

正確な診断をするためにエコー技術は欠かせません。

 

今後もエコー技術向上のため、獣医師一同精進していきます!

 

※今回は院長の愛犬「モカ」がエコー犬として協力してくれました。

モカありがとう!

記事一覧

1ページ (全13ページ中)

ページトップへ