スタッフへの取り組み

スタッフへの取り組み

1.働きやすさ

動物病院で働くということは、動物の命と常に向き合う大変な仕事です。そのためスタッフにはしっかりとした待遇で働いてほしいと思っています。当院では一緒に働いているスタッフのワークライフバランスを考えています。

 

十分な給与

・平均水準よりも高い給与
・賞与年2回
・昇給年1回

 安心の福利厚生

・社会保険完備
・時間外手当
・制服貸与
・通勤手当 or 住宅手当
・セミナー参加費補助
・自身が飼育しているペットの診療費半額

 ワークライフバランスが叶う勤務体系

・完全週休2日制
※臨床経験2年以上で週休3日の選択も可能
・残業ほとんどなし
・休日出勤なし
・有給休暇年10日
・夏季・冬季休暇あり

~勤務時間~
平日  8:20~19:00
日・祝 8:20~15:00
※昼2時間休憩あり

 

2.獣医師の教育方針

当院ではCTやエコーなどの最新機器や、動物に負担をかけず緻密に作業が出来る最新の手術機器を装備しています。ただし、どんなに良い機器を揃えていても、それを使いこなせなければ宝の持ち腐れです。

 

 

当院では少しでも早く一人前の獣医師として成長して欲しいという思いから、 積極的に院長をはじめとしたベテラン獣医師や先輩獣医師が指導にあたります。特に当院では画像診断に力を入れているため、定期的に超音波やCT診断、整形外科などのエキスパートをお呼びし、院内での実践研修を行っています。

その他、各種セミナーを定期的に開催し、日々研鑽に励んでいます。
※一部ではありますが、セミナー報告はコチラから

 

獣医師は人と違い、基本は全科診療です。何か1つの科目を極めればいいわけではありません。臨床医として一人前になってもらうために、教育スケジュールを整備し、指導を行っています。

 

 

 

3.実践を大事に

当院では実践を大事にしています。そのため、早いうちから診察や処置、手術をしてもらいます。成長してもらうための指導や研修は惜しみません。

 

 

当院では 

◆1日の外来数:100件 

◆1カ月の手術数:50件 

と非常に多くの飼い主様、動物さんにご来院いただいています。

 

そのため、経験者の方に関してはどんどん診察と手術に携わってもらいます。多くの症例、難易度の高い外科手術などに携わりたい方には最適な病院です。
※一部ではありますが、実際の症例はコチラから

 

また、複数獣医師が在籍していますので、診断や治療に困った際には都度ディスカッションを行い、最適な治療が出来るよう協力し合っています。

 

 

4.動物看護師(動物看護助手)の教育方針

動物看護師(動物看護助手)においても、早いうちから診察補助検査補助を任せていきます。見て覚えられることは多くはなく、実践してこそ技術が身に付くからです。先輩看護師や獣医師から丁寧に教育・指導を行っていきますのでご安心ください。

 

<動物看護師 教育スケジュール目安>

※2年目以降はスタッフの成長度合いや得意分野によって変わります。
※当院では受付スタッフがいるため、会計業務をすることはほとんどなく、動物看護業務に集中することができます。

 

また、獣医師向けセミナーだけでなく、療法食や予防薬など動物看護師にとっても勉強になる院内セミナーを定期的に開催しています。技術面は実践で、知識はセミナー等で身に付けることができます。

 

 

 


 

 

ページトップへ