1歳猫の横隔膜ヘルニア ~去勢手術の術前検査で発見!~

先日、猫ちゃんの横隔膜ヘルニアの手術を実施しました。

 

去勢手術を希望して来院された猫ちゃん。

当院では手術をする前に術前検査をして、健康状態を把握しています。

 

・たまに開口呼吸をしているという主訴があったこと

・レントゲン結果で心臓が通常よりも大きく映っていたこと

 

から、何かしらの異常が疑われたため、CT検査を実施。

☟CT画像

 

この画像だと良く分からないと思うので☟画像をご覧ください。

緑で囲んだ臓器が心臓、赤で囲んだ臓器が肝臓です。

横隔膜に穴が開いていることで、肝臓が心臓側に突出してしまっている状態でした。

これが原因で、レントゲン画像では心臓が拡大しているように見えていました。

 

1歳の子なので、先天性の横隔膜ヘルニアではないかと思われます。

症状はヘルニアの程度により様々です。

全く症状が出ずに過ごせる子もいれば、

 

・若い頃から食が細く発育が遅い

・断続的な吐き気や下痢などの消化器症状がある

・食後や運動後に呼吸が速く疲れやすい

 

などの症状が見られる子も少なくありません。

 

今回の猫ちゃんは開口呼吸がみられることから、今後悪化する可能性も否定できないため、手術を実施することになりました。

※手術中の写真があるためご注意ください。予めご了承いただいた場合のみお進みください。

腹側を開いています。

白い組織は脂肪、赤い臓器は肝臓。

 

横隔膜に3cmほどの穴が開いています。

 

穴を縫うのではなく、医療用メッシュを使って塞いでいきます。

縫うよりも身体に負担なく行えます。

 

医療用メッシュを大網膜という臓器で覆うことで、時間が経つにつれて穴自体が塞がっていきます。

☟画像だと、開腹部位の右下に少し映っている白い臓器が大網膜です。

 

猫ちゃんは現在も入院中で、数日後に退院予定です。

カテゴリ|新着症例

ページトップへ