ダックスの大腿骨骨折「ピン固定」

大腿骨骨折のダックスちゃんの手術を行いました。

 

大腿骨(だいたいこつ)は、足の付け根からひざまでの太ももの骨を言います。

最近は交通事故に合う子もめっきり減り、久しぶりに大腿骨骨折の子が来院されました。

元気いっぱいの子で、遊んでいた時に怪我をしてしまったようです。

 

赤丸で囲んでいる所が骨折部位です。

 

別角度から。

横に黒く影があるのがわかるかと思います。

 

大腿骨骨折は包帯のような外固定ではうまく固定できないため、多くの場合では手術適応となります。

※手術中の写真があるためご注意ください。予めご了承いただいた場合のみお進みください。

まずは患部を切開していきます。

 

 

緑枠で囲っているのが骨折部位です。

 

 

今回は複雑骨折といったような重度の骨折ではなかったため、ピンで固定していきます。

 

 

2本のピンをクロス固定していくことで、しっかりと固定できます。

 

 

レントゲン写真だとわかりやすいですね。

 

 

一般的には骨を貫いてピンを固定することが多いのですが、当院では赤丸で囲っているように皮質骨を貫かないようにピンを挿入していきます。

※皮質骨:骨の表面を構成する硬くて緻密な骨

 

技術のいる手法なのですが、当院では長いピンを使うことでより強度を高めるために、この手法を取り入れています。

 この子は既に退院しており、ご自宅で療養中です。

 

当院の整形外科はコチラから

カテゴリ|新着症例

ページトップへ