整形|加古川 バークレー動物病院

整形

最先端の外科手術による処置を実施

犬も猫のような小動物でよく診察するのが、骨折のほか、脱臼をはじめとする関節系の疾患、椎間板ヘルニアなど骨髄系の疾患です。バークレー動物医療センターでは、膝蓋骨の亜脱臼、股関節の脱臼、椎間板ヘルニアの処置例が多くなっています。

いずれも中心となる治療法は外科手術です。バークレー動物医療センターではSYNTHES社のColibriシステムやStryker社のCOREなど、細かな作業に対応できる最高級の電気ドライバー・ドリルを使用して精度の高い外科手術を行います。

最新機器を使用し行う精度の高い外科手術

多いのは膝蓋骨の亜脱臼、股関節の脱臼など

膝蓋骨の亜脱臼は、膝のお皿が外れかかる疾患です。打撲や高所からの落下など後天的な原因によるものと、小型犬に多い先天的な原因によるものがあります。

膝蓋骨の亜脱臼とは

股関節の脱臼は、骨盤と大腿骨をつないでいる靭帯が切れて大腿骨がずれた状態を言います。後天的な原因によるものは小動物の脱臼のなかでも多数を占め、先天的な例は大型犬に多く見られます。症状が進んで血行が妨げられると、大腿骨の骨頭が壊死してしまうケースもあります。

股関節の脱臼とは

脱臼の検査の流れ

歩き方などの動きがおかしい時は、早めに動物病院へお連れいただくことが重要です。これらの脱臼に対してはまず触診を行い、次にレントゲンで詳しく検査するのが一般的です。症状に応じて外科手術を行います。

椎間板ヘルニアはCT検査による詳細な診断が可能に

ダックスフンドなどがかかりやすい椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、背骨(脊椎)の骨と骨の間をつなぐ軟骨部分(椎間板)が飛び出してしまう疾患です。脊髄を圧迫するため痛みが生じ、場合によっては神経麻痺を起こすこともあります。特に、ミニチュア・ダックスなどのダックスフンドに多く見られます。

椎間板ヘルニアは、CTの登場によって精密な診断が可能になりました。様々な方向から画像撮影するため、重なり合った部分などレントゲン検査では見つけにくい箇所についても詳細に把握でき、より適切な治療を行えるようになったのです。

症状が重い場合には外科手術で対応することになりますが、軽度な椎間板ヘルニアなら鍼灸治療を行う場合もあります。バークレー動物医療センターでは、動物と飼い主様にとって負担の少ない治療を選択いたします。

鍼灸はこちら

鍼灸治療を行うこともあります

Berkeley Animal Medical Center All Rights Reserved.Produced by ホームページ制作会社ゴデスクリエイト