症例日誌|加古川 バークレー動物病院

犬がかかりやすい病気

フィラリア!!!

『イベルメクチン』という寄生虫薬を獣医師が発見して

(ヒト医療でも、時に使用されます)、およそ25年。

そしてそれが「フィラリア」の予防薬として、製品化されて約20年。

TVCMで放送されてから、格段に、飼い主様の予防意識が高まりまして、

今や殆どの飼い主様が予防されています。

ですので、もう『フィラリア寄生虫症』を診察する事は稀になりましたが、

年に1回位、出会います。

 

先日、血尿をした、との事で、来院されたワンちゃんの尿を検査すると、

このような色の尿でした。。。。。

これは、正式には、血尿ではありません。

『血色素尿』と言って、鉄分が溶出した色です。血は鉄を含んでいますので、まさに「酸化鉄=錆びた鉄」の色をします。

そして、血液検査とエコー検査によって、『フィラリア症』と診断し、1年ぶりに手術をしました。

   

手術です。

取り出した「フィラリア」の数:60匹!  

すごく摘出出来ました!!!

が、エコーで検査すると、、、、、、

まだ、大量に心臓に残っています。。。。。。。。。

これだけ取り出すと、全部取り出せるのが普通なんですが。。。f(_ _)

 

そして、2日後、再手術。今度は、手術室にエコーを持ち込んで、確認しながら行いました。

33匹、さらに取り出しました。

   

 

見事、完全摘出!

先日、元気な姿で来院されました。

嬉しい事です。

記事の一覧|犬がかかりやすい病気

Berkeley Animal Medical Center All Rights Reserved.Produced by ホームページ制作会社ゴデスクリエイト