症例日誌|加古川 バークレー動物病院

犬がかかりやすい病気

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

旧年中は、様々な方に支えて頂き、誠に感謝の念に耐えません。

本当にありがとうございました。

今年も精一杯診療にあたらせて頂きますので、

ご愛顧の程をよろしくお願い申し上げます。

 

以前、ある飼い主様がこうおっしゃられました。

「細く長く生きて欲しい」と。

いえいえ、

当院のモットーは、『太く長く生きて頂く』です!!

今年は更に、

一匹でも多くのワンちゃん・ネコちゃんが、

「健全で、活き活きと、しなやかに、エレガント」に過ごして頂くのをお手伝いさせて頂きます。

 

院内セミナー、社員教育の数も増やし、 「飼い主様との交流会」企画も考えております。

 

写真は、昨年の院内セミナーの様子で、

『神奈川県の愛甲石田動物病院:田村勝利院長』の脊髄再生治療の様子です.

田村先生は、東京都新宿生まれでありながら、「熱血タイガース党」でいらっしゃり、

現在、「ノーベル賞受賞者の山中教授傘下(直接ではありませんが)京都大再生医療グループ」で、週の半分を研究・週の半分を神奈川の自分の病院で診療、

という日々を過ごされている方で、

この田村先生の「脊髄再生治療法」は、『田村先生の治療法』が、既に、「国立北野病院」等で、獣医療法が人間医療法に応用された極めて稀な画期的な治療法を

編み出された方でいらっしゃいます。

(まだ、研究段階ですので、全員が治癒する訳ではありませんが、30年後には、この世から、車椅子の方がいなくなり、田村先生がノーベル賞を受賞し、

ストックホルムに一緒に旅行する事を夢見ています♪♪)

記事の一覧|犬がかかりやすい病気

Berkeley Animal Medical Center All Rights Reserved.Produced by ホームページ制作会社ゴデスクリエイト