症例日誌|加古川 バークレー動物病院

犬がかかりやすい病気

ミクロの世界へ  その①

獣医師を悩ませる骨折の一つに前足前腕部の橈尺骨』の骨折があります。

何故か?

爪先立ち:ダッシュする為、クラウチングスタートの格好で立っているんですよね。

人間がこの状態を維持しようとしても、腕力がもちません!

 

つまり!!

この前足を骨折した場合に、そこに懸かる加重が凄まじいのです!

そして、その割には、骨が細い。

その細さの骨に対するプレート金属を設置しても、

細さと加重のバランスが合わない!のです。(おまけに治るまで、じっとしていません。。。。)

 

さらに!

下から2段目の図〜〜!

ouch! 全体重が負重します。

これでは、相当のプレート補強でないと、プレート金属が耐えられません。。。。。。

 

まだ、前足の真ん中辺りだと、

多くのネジで架橋できるので、何とかなるのですが。。。。

(因に、LCPプレート&ロッキングスクリューネジ、という最強の強度のプレートとネジを使用しています)

 

でも、

こ〜んな端っこ(7mm弱しかない)が骨折すると、

ネジの打ち込む所がない!!!しかも、このワンちゃん、2kgです。

 

続く。。。。。

 

 


 

 


記事の一覧|犬がかかりやすい病気

Berkeley Animal Medical Center All Rights Reserved.Produced by ホームページ制作会社ゴデスクリエイト