症例日誌|加古川 バークレー動物病院

犬がかかりやすい病気

会陰ヘルニアの「半腱様筋の筋弁転移術」

先日、会陰ヘルニアの整復術を実施しました。

重度な会陰ヘルニアだったので、

「半腱様筋の筋弁転移術」 という少し珍しい術式を用いたので紹介します。

 

<会陰ヘルニアとは?>

 

犬の会陰ヘルニアとは、会陰部の筋肉(骨盤隔膜)の異常を原因とするヘルニアで、

会陰部の筋肉に隙間が出来てしまうことにより、

腸や膀胱、脂肪などの臓器が突出してしまう病気です。

 

主にオスのワンちゃんで多く、

7~9歳での発症が一般的です。

 

 

<こんな症状に注意!>

 

・会陰部の腫大

・しぶり/便秘

 

の症状が多いです。 

その他にも、

 

・元気消失    ・食欲不振

・排便時疼痛   ・脱水

・血便      ・下痢

・会陰部疼痛   ・会陰部発赤

・会陰部の膿

 

といった症状を伴うこともあります。

 

 

<どうやって検査する?>

 

・問診(臨床症状の確認)

・触診による直腸検査

・バリウム注腸造影検査  

 

などでヘルニアの状態を評価します。

 

 

どこが通常と違うかというと、

本来は青丸あたりにあるはずの膀胱が、

会陰ヘルニアによって赤丸の位置まで突出してしまっています。

※膀胱以外の内臓も突出しています

 

 

<どうやって治療するの?>

 

会陰ヘルニアの整復術には、

様々な方法が報告されています。

 

・ヘルニアの状態

・各手術に対する習熟度

・手術の簡便さ

・合併症の発現頻度

 

などを総合的に評価して判断します。

 

今回の症例は、他院で既に2回の会陰ヘルニア整復術を行ったものの、

ヘルニアの状態が想像以上に悪化しており、

再発をしてしまったワンちゃんです。

 

そこで、重度な会陰ヘルニアでも有効とされる

「半腱様筋の筋弁転移術」という術式を用いました。

 

太ももの筋肉を後ろ足から剥ぎ取り、

会陰部の周囲筋膜に縫い合わせます。

 

半腱様筋という太ももの筋肉を切っているのに、

ワンちゃんは普通に歩いているため、

この術式を見つけた人はすごい発見です!

 

↑手術前

 

↓手術後 正常な状態になりました

 

以下、手術中の写真を掲載しています。

苦手な方は閲覧を控えてください!

 

 

太ももから、半腱様筋 をはがしています。

 

はがした半腱様筋を会陰部の周囲筋膜にに縫い合わせています。

記事の一覧|犬がかかりやすい病気

Berkeley Animal Medical Center All Rights Reserved.Produced by ホームページ制作会社ゴデスクリエイト