バークレー便り|加古川 バークレー動物病院

バークレー便り|加古川 バークレー動物病院

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
前月 翌月

バックナンバー

当院看板犬「カフェ」虹の橋に


2019年3月10日に当院看板犬「カフェ」が虹の橋にわたりました。

 

1月23日のブログにも書いた通り、

2018年12月22日に「膀胱ガン」の手術をしました。

 

既に腫瘍は転移しておりましたが、

進行を緩やかにする目的で、

また、おしっこが出ないなど、生活する上でのツラさを緩和する目的で行いました。

 

リスクの高い手術でしたが、2時間半の大手術を乗り越えてくれたカフェ。

 

寝ていることが多くなりましたが、

時にご飯をモリモリ食べ、時にスタッフに構ってと鳴いている姿が思い出されます。

 

亡くなる2日前まで、

いつもの特等席で普段通りに過ごしてくれました。(もちろん少しずつ衰弱しておりましたが)

 

数時間置きにご飯をもらい(最後の方は喉のチューブから強制給仕でした)、

排泄物で汚れてしまったお尻を定期的に洗ってもらい、

スタッフみんなが手厚くお世話をしてくれていました。

 

スタッフの皆さん、最後までありがとうございました。

 

 

カフェの思い出にふけっていたところ、

こんなものを見つけました!

 

当院にカフェが来た時から

スタッフがカフェの日常を綴ってくれていました。

 

 

 

スタッフや当院ご来院の飼い主様に愛されて、

カフェは本当に幸せな犬生を送れたのではないかと思います!

 

カフェを気にかけて頂いた皆様、ありがとうございました。

Berkeley Animal Medical Center All Rights Reserved.Produced by ホームページ制作会社ゴデスクリエイト