バークレー便り|加古川 バークレー動物病院

バークレー便り|加古川 バークレー動物病院

2020年07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
前月 翌月

バックナンバー

年末年始 動物も一緒に帰省する際は「車酔い」に注意!


もうすぐ年末年始ですね!

ペットと一緒に帰省をしたり、どこかに遠出する飼い主様も少なくないでしょう。

車で移動するときに注意が必要なのが「車酔い」です。

 

ワンちゃん・ネコちゃんの車酔いは、

耳の奥にある平衡感覚やバランスを整える「前庭」や「三半規管」が、

車の揺れなどで刺激されて起こるものです。

 

 

<車酔いを誘発するもの>

・車内の臭い

・車内の揺れ

・エンジン音

・過去に車に乗ったときに嫌な思いをしたなどの心理的な要因 など

 

 

<こんな症状が出ていたら車酔いかも!?>

 ・大量のよだれが出る

・震える

・そわそわする

・あくびをする

・心細く鳴く

・吠える

・嘔吐する

・下痢をする  など

 

 

<車酔いを防止するためにできること!>

 

◆車に乗せる直前に食事をさせないでください

⇒車に乗せる2時間前までには、食事を済ませておきましょう。

お腹は満腹でも、空腹でも車酔いしやすくなりますのでご注意ください。

 

 

◆こまめに休憩をとりましょう

⇒長時間、車に乗っていると車酔いになりやすいです。

こまめにトイレ休憩などリフレッシュさせてあげましょう!

 

◆車に乗せる時は嬉しいことをしてあげる

⇒病院に行くときだけ車に乗せているなど、

車に乗ること=嫌なこと…という認識を持たれてしまいます。

車に乗せる際には楽しい思いでも作ってあげましょう。

 

 

◆体を固定させて揺れを最小限に

⇒車の中で自由にさせるのではなく、

キャリーケースやケージに入れるようにしましょう。

揺れによる車酔いの誘発を軽減することができます。

 

◆酔い止めの薬を使う

⇒上記予防をしても車酔いが治らない子や、

車酔いがひどい子は酔い止めを使ってあげるのも1つです。

動物病院で処方してもらえます。

 

できる対策をしてあげて、

ペットとのドライブを楽しいものにしましょう!

Berkeley Animal Medical Center All Rights Reserved.Produced by ホームページ制作会社ゴデスクリエイト