バークレー便り|加古川 バークレー動物病院

バークレー便り|加古川 バークレー動物病院

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
前月 翌月

バックナンバー

ワンちゃんの急性膵炎薬のセミナーを実施しました。

2018/11/28(水) | いぬ

11月9日、動物薬メーカーさんによるスタッフ向けセミナーを実施しました!

〜内容〜

ワンちゃんの膵炎急性期の抗炎症剤

 

 

ワンちゃんの膵炎

 

膵炎には急性膵炎と慢性膵炎があります。

急性膵炎では、発熱や元気・食欲の低下、腹痛、浅速呼吸、嘔吐や下痢、脱水などが現れます。

重症の場合には、呼吸困難やショック症状を示し、命に関わることもあります。

慢性膵炎の場合、程度は軽いものの、急性膵炎とよく似た症状を断続的に起こします。

 

 

膵炎急性期に対する治療

 

ワンちゃんの膵炎急性期に対する従来の治療は ・輸液 ・疼痛管理 ・制吐剤投与 など、

主に対症療法が行われているのが現状でした。

そんな中、世界初のワンちゃんの膵炎急性用抗炎症剤が発売されました!

急性膵炎でお困りの飼い主様は当院までご相談ください!

Berkeley Animal Medical Center All Rights Reserved.Produced by ホームページ制作会社ゴデスクリエイト