バークレー便り|加古川 バークレー動物病院

バークレー便り|加古川 バークレー動物病院

2019年02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
前月 翌月

バックナンバー

当院看板犬『カフェ』の膀胱ガン手術が無事終わりました


ご存知の方も少なくないと思いますが、

当院には「カフェ」というシーズーの看板犬がいます。

現在、15才の女の子です。

 

年齢も年齢ですので、

病気になってしまうこともしばしば。。。

 

少し前からおしっこが出づらくなり、

検査をしてみると「膀胱ガン」であることがわかりました。

 

麻酔のリスクもありましたが、

手術をしなければ腫瘍は進行していくばかりでしたので、

手術を決意し、2018年12月22日に手術を行いました。

 

 

〜手術直前のカフェ〜

 

手術は約2時間半。

カフェに元気になって欲しいという願いが通じ、

無事、手術が終わりました!

 

 

〜手術1ヶ月後のカフェ〜

 

今日もご飯をたくさん食べ、

時にはスタッフに「構って!」とワンワン鳴き、

時には裏でぐっすり眠っていました!

 

なかなか病院の表に出ることはありませんが、

元気に過ごしています!

Berkeley Animal Medical Center All Rights Reserved.Produced by ホームページ制作会社ゴデスクリエイト